賃貸の契約期間とは

賃貸物件を契約するには

トップ / 賃貸物件を契約するには

賃貸更新条件交渉を受けたら

賃貸経営をしていると、毎月定額の家賃収入が入ってくるのはいいですが、一番のリスクは空室です。マンションの管理費や修繕積立金、不動産を購入するときに、資金を借り入れで調達している場合は、借入返済も必要です。契約は、契約期間を終えると、契約更新が可能ですが、その時に借主から家賃の値上げ交渉を受けることがあります。値下げを断った結果出ていってしまったら、収入は0になって支出が持ち出しになります。しかし、一度下げた家賃は再び上げることは難しく、またその物件を売却するときには、”家賃がいくらもらえる賃貸”として投資利回りの指標にもなります。できるなら、家賃の値下げよりも、更新料を値引きしたり、古くなったエアコンなどの設備を新品に交換してあげるなど、別の形で提供できないか提案してみましょう。

広い住宅

賃貸住宅の契約更新とは

賃貸住宅の契約期間は2年程度に設定されていることが多いようですが、この契約期間が満了を迎えるにあたって、そのまま同じ部屋に住み続けようとするときには、原則として契約更新の手続きが必要になります。この手続きは、貸主から送られてきた新たな契約書に署名捺印するとともに、住宅用の火災保険に入っている場合はあわせて必要金額を支払い更新するといった程度のものですが、その際に貸主から更新料の支払いを求められることもあります。更新料は法律上特段の規定がないため、契約書の特約に含まれていることが多く、地方や賃貸により異なりますが、おおむね家賃の1か月相当というのが相場です。

賃貸の解約についての情報