賃貸の契約者とは

賃貸契約の手続きをする

トップ / 賃貸契約の手続きをする

賃貸契約に関する必要書類

賃貸の契約には、様々な書類を準備する必要があります。まずは、身分証明書が必要となります。主に免許書を提出する方が多いと思いますが、保険証や住民基本台帳カードなどでも大丈夫です。次に、住民票が必要となります。住民票は市役所や区役所などで、あらかじめ発行しておきましょう。こちらの書類には、3か月以内のものとの制限があります。印鑑も必要なので用意しておきましょう。更に、賃貸には保証人が必要となります。保証人の方にも必要書類があります。身分証明書のコピーと住民票は契約者と同じですが、更に印鑑登録証明書と実印が必要となります。これらをあらかじめ準備しましょう。

広い住宅

賃貸契約の必要書類について

大学の入学などによる一人暮らしを始める時や会社の転勤などの時に、アパートやマンションなどの物件を不動産会社に紹介をしていただくようになりますが、その時の賃貸契約をする場合の必要書類としましては、基本的には会社員の方であれば、会社から交付される源泉徴収票などの収入を証明できる書類や、自営業者であれば納税証明書などの収入を証明できる書類が必要となります。この他に、場合によっては住民票ですとか印鑑登録済みの印鑑証明書や連帯保証人が必要となる物件の場合には連帯保証人の承諾書などが必要となるケースがあります。学生の場合は賃貸契約者は親になる場合もあります。

賃貸の解約についての情報