賃貸物件を探す時

賃貸を探すときの流れ

トップ / 賃貸を探すときの流れ

賃貸契約の流れについて

大学への進学による一人暮らしや会社からの辞令での転勤の時などに、新たな場所でアパートやマンションなどの物件を探していくようになるわけですが、基本的な流れは賃貸物件を不動産会社で紹介をしてもらって、内見をさせてもらってから気に入れば契約をしていくようになっております。その時に会社員であれば、会社から交付された前年の源泉徴収票を持参したり、連帯保証人の承諾書などを持参するようになります。その後で、不動産会社の宅地建物取引主任者から重要事項説明と書類の交付を受けまして、その後に、建物賃貸借契約書に記入および捺印を行うようになります。

広い住宅

賃貸契約の流れについて

賃貸契約を交わすにも順番と流れは勿論有りまして、まずは部屋探しですが物件の紹介記事を見ながら候補を絞り、その中から実際の物件を見に行く内見を行います。そして物件を決めたら必要書類と敷金、礼金と前家賃が必要で有ればそれを用意します。そしていよいよ書類記入になる訳ですが、必要事項を記入する訳ですが保証人を用意出来ないケースも有ります。その時は不動産会社に言えば不動産会社が保証会社を用意してくれ、そして審査が通れば次に宅建主任者から注意事項の説明が有り、署名捺印をしたら最後に賃貸契約の本書類に必要事項を記入し、部屋の鍵を受け取る事で流れとしては終わりになります。

賃貸の解約についての情報